カテゴリ:香りのコラム( 30 )

Tuberose&Gardenia 月下香とくちなし

花香の中でも、私の中で3本の指に入る
好きな香りが、チュベローズとガーデニア。

その甘く重く、魅惑的な花の香りは
鼻腔から、頭頂部に抜けるよう。

夏の夕暮に香り立つくちなしと、
暗闇の中で、浮かび上がる白い花が
強く甘い香りを放つ月下香。

バラとスミレの組み合わせは、マリーアントワネットも
愛したように、気品溢れる女性らしい香りで
香水メーカーが、こぞって作るような調香。

それら、香りの女王のバラともジャスミンとも違う、
官能的な、かつ青っぽい香りは
本能的に好きなのかも。

生花に似ていると思い、ようやく見つけたチュベローズの
フレグランスオイルを、再度販売します。
d0099166_11493312.gif




[PR]
by rty64 | 2016-07-23 12:07 | 香りのコラム

くちなし、金木犀、バラなど花の香りって・・・

本当に難しい。
抽出すると瞬く間に、香気成分が変化して
花の香りなんてしなくなるものばかりだ。

時々、容器を調達するショップさんでも
花のフレグランスアロマを販売しているので、買ってみようかと
ちょっと覗いたら、レビューに超厳しいお言葉が・・・。

ガーデニアが、全くくちなしの香りじゃない、という風なことを書いてあった。
よくあるレビューなんだけれども、すごくワカル。(T▽T)
私もどれだけ、がっかりしたことか。

私が習った先生のところで、チュベローズを買いたいと言ったら
「もっとも残念度が高い精油です。」と
苦笑いするしかない返信がきたことがあった。

だって、生花のTuberoseのあんなに甘い香りは
まったくなくて、キャベツみたいな香りなんだもの。
取引先の方からも、ミモザ精油でそんな返事があったこともある。

うちも、ブレンドアロマもフレグランスオイルでも、調合して少しでも期待に添えるよう
調整しているものもあるし、試行錯誤。
未だに自信がないものもあるし。

咲いている花の香りをそのまま再現は、ほぼ無理なのだ。
有名なブランド香水でも、これだ!というローズの香水に
出逢うことはない。
自分で、重ね着して、好きな香りにしている。

まあ、とにかく今は「いい香り」を探し求めていくだけなのだわ。



[PR]
by rty64 | 2015-06-06 06:13 | 香りのコラム

香水瓶 Perfume Bottle

「香水」が、貴族たちの、趣味や嗜好を表現するものへと
移っていった時代の、芸術的な香水瓶の展示会が
箱根美術館でやっているので、これは行きたいなぁ。

キリスト生誕時の贈り物や、古代から様々な祭祀時にも
「香り」を象徴するものが、用いられていたとされるほど
悠久の過去から、香りは身の周りにある。

小説の中にも、特に欧米物にはよく白ジャスミンや
ラベンダー、すみれの香水などが登場する。
今は、各ブランドこぞってマーケティングに裏打ちされた
洗練された香水が、シーズンごとに溢れているけれど、
その当時の香りは、どんなだったのだろう?
こんな芸術品のような香水瓶にはいっていた香水は。


d0099166_14125182.png

[PR]
by rty64 | 2015-05-12 13:55 | 香りのコラム

精油の抽出技術雑感

ユーカリと同じく、ジュニパーベリーなども、今週末に再入荷します。

先々月、ジュニパーベリーを国内業者さんから仕入れたところ
それなりの値段だったにもかかわらず、ティトリーか!?と思うような
木の匂いで、まったく(´;ω;`)がっくり。

ローズマリーは、男性整髪料の匂いでびっくり((((;゚Д゚))))ガクガク

ネロリとローズは、どうも葉っぱの匂い=苦味がありました。

いつも買っているネロリ・プレミアムは、オレンジフラワー・Absoluteみたいな
それはそれは甘い甘いお花の香りで、ネロリでここまで甘いのは
珍しいと驚きました。シングルでも十分花の香りです。056.gif

プロの業者に聞いたら、やはり抽出技術に依存するようです。
FlowaringTopと言い、お花だけを丁寧に抽出してあるといいのですが
花の茎の部分が入ると、草の匂いが入ります。

産地にこだわっていましたが、
抽出技術で香りに差ができるのも、実感です。
(もちろん土地によって、いい作物ができるので、なかなか産地を変えるのは躊躇しますけれど
今はいろいろ精油が出回りすぎて、どの時点で産地とするのか
あてにならない部分もあるようです。)

どの業者さんも、自分の鼻で確かめるしかないと・・・。
確かになぁ。(; ̄ェ ̄)




[PR]
by rty64 | 2014-12-01 10:38 | 香りのコラム

香料

コスメグッズ用にオリジナルブレンドの香料が
納品完了し一安心。

工場の香料で作った
最初のサンプルを頂きましたが、かなり好きな香り!

ローズ系の香料だそうですが、ローズというより
ジャスミンやTubeRoseなどの
咲いてるお花のシアーな感じのフローラル。

優しく爽やかに香って、癒される香り。
コスメを作るClietさんたちは、原料臭がすると良く言ってますが
これは原料臭もなく、香り立ちもうまく作ってあります。

おそらく工場の技術なのでしょうか?

結局、うちでブレンドした香料がみんな気に入ったとのことで
そちらになりましたが、実は私はこのサンプルの香りの方が好き。( ;∀;)

d0099166_17100083.png
[PR]
by rty64 | 2014-09-30 17:22 | 香りのコラム

Handmade REED DIFFUSER

GW前に打ち合わせたClient先で、セラピストの先生は
本格的な精油によるセラピー効果を学んでいる方でした。

お陰で、いろいろな使い方で芳香も楽しんでくれており
スプレーやケアクリームはもとより、なんと!手作りのなんちゃって
ディフューザーまでやっておられました。

d0099166_2294245.jpg

100円ショップで瓶を買い、家の竹グシを刺しただけ・・・・。
香りは、うちのブレンドアロマです。
ショップの洗面所に置いてあり、スタッフにも好評とのこと。
すごい、すごすぎるぞ。

超めんどくさがりの私でも、これならできるぞ!と
サンプルで中途半端に残っているアロマの瓶に、つまようじを入れて
リードディフューザーにしますた!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

まあ、せめて竹グシにした方が、香りは広がりますが。
(見た目もイマイチだし・・・・。)

しかし、オリジナルディフューザーを作ろうとしている
Clientさんのアドバイスをしながらも、このディフューザには
やられた感満載です。
[PR]
by rty64 | 2013-05-08 22:02 | 香りのコラム

調香のレシピ~Spring Fragrance

春になると企画案件が増える。
この2週間は、特にFragarnce Oiを使用した
企画品の件で、フレグランスオイルを少し調合してみた。

完成品の調合香料も、ブレンドすると
精油同士ほどの変化でないけれど、香り変化は起こる。

ブレンドすると、香りが絡まり合うので
繊細なイメージを求める場合は、ストレートなフレグランスオイルより
こちらの方がウケた。


失敗のないローズベースに、フルーティなマンゴーや
甘めのフローラルオイルなら、調合しやすいです。

レシピ例
黄桃・・・スプリングピーチ(白桃)+マンゴー

Rose&Mango・・・ローズガーデン+マンゴー+桃花

ヘビーユーザーの方のお話だと、

プルメリア+ペパーミント精油のアロマバスは
甘みの中にスッキリ系があり、お子さんにウケているそうです♪
プルメリアは、シトラス精油や甘いバニラの香りも合うのでお試しください。

フレグランスオイル・パヒュームオイルはこちら

************************
朝から何時間も調合していたら、鼻がかなり疲れて
途中で香りを感じなくなってびっくり・・・あせる~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

天然精油は平気ですが、調合香料は相当量を
長時間嗅いでいると、やっぱり鼻が疲れます。

今日は嗅覚は使わず、見積もり等々
たまった資料作りを片づけよ。
[PR]
by rty64 | 2012-03-28 10:21 | 香りのコラム

Blue Crystal vs Lapis Lazuli

先日、販売したラピスラズリについて
お問合せが増えてきたので、さらに記載します。

ラピスラズリ 瑠璃色の香り の記事

ブレンド内容が似ているため、ヘビーユーザーさんからは
「ブルークリスタルとブレンド内容が似ているけど
違いはどんな所?」と、マニアック?な質問もありがとうございます。

ラピスは、皆さんそう思われるようなのですが香りは違います。
ブルークリスタルはデトックス、シャープさ(男性性)
ラピスラズリは癒し、柔和さ(女性性)

★ブルークリスタル
ローズ&ブルーカモミール。
Blue Chamomileが効いたシャープでパワフルなすっきりした香り。

キーワード:心身の浄化、深い悲しみや苦しみの癒し、スリミング、デトックス

非常に深い所を癒すようで、カウンセリング系の方にも使用いただいたり
眠りの中で浄化してくれるような深く眠れる香りです。

★ラピスラズリ
Rose&Lavenderが基調。
ブルクリより甘めでフローラル、上品でくせがなく穏やかで優しい香り。

キーワード:穏やかな心身への癒し、幸福感を招く。

ラベンダーとカモミールの作用により、筋肉と神経が癒されるので
す~っと眠れ、トリートメントにも向いています。
[PR]
by rty64 | 2012-01-13 09:47 | 香りのコラム

Provence Rose プロヴァンスのバラ精油

瑠璃色の香りとして新発売の「ラピスラズリ」にブレンドしている
Provence Roseは、Rose Marocと同じです。

ローズモロッコより上品な香りのようですが、
香りが違うのは、品質の違いのようで、
学名が同じものは同じとのこと。

でも、Provenceの薔薇というだけでステキな雰囲気です♪
[PR]
by rty64 | 2012-01-06 08:42 | 香りのコラム

Cananga Flower Oil

先日、以前のameba Blogでも書きましたが書きうつします。
新しいBlend商品でローズ&ローズ
「カナンガオイル」を調香いただいた時に教えてもらった精油です。

カナンガオイルとは、インドネシアのジャワを中心に産する
エキゾチックなお花の香りで、イランイランの従妹?のように似た匂いですが
イランイラン1stまたは2nd gradeくらいの価格であるため
イランイラン・エクストラグレードを
薄くきめを粗くしたような匂いです。(どんな香りだよ・・・。)

イランイランだと、湿気のある日本では強くてしつこいと
感じる方も、カナンガならまだ大丈夫かもしれません。

個人的には、イランイランより穏やかなので使いやすいと感じました。
ブレンドにもとても役立つようです。
また、スキンケアに役立ち、ドライでもオイリーでも肌バランスを
とってくれるそうです。

d0099166_1644852.gif
Cananga Flower Essential Oilはこちらから

Botanical name: Cananga odorata

Plant part: Flowers / Extraction method: Steam distilled

Common uses: For skin care

Note: Top / Aromatic Scent: Floral, sweet and slightly woody
[PR]
by rty64 | 2011-11-29 16:06 | 香りのコラム

アロマオイル販売の専門店アロマティックグリーンからのお知らせ。


by rty64
プロフィールを見る